「小さな」幸せ



今日のキーワード
*食玩→いわゆる「お菓子のおまけ」なんだか空前の大ブームらしいですよ。
*「和」ブーム→これってリヴァイバルなんじゃ?とか。

**********************************

こんにちは奏です。
世間様では最近「和」ブームらしいですね。
流行って
(人によってもそのカテゴリ分けが違うと思うのであくまでも奏の考え方です)
「今までなかった」ものが流行ったり「元々ないものがインポート」されたものであったりとかどっちかに分類されるのではないか??とか認識しています。
ボヘミアンとかフォークロアとかは後者に入るわけで、80'sとかは過去の遺物って感じで前者に入るかな?
一生懸命追っかけてたらお財布がすぐにすっからかんになってしまうので、奏はいつもマイペースに衣替えしているわけですが。。

「和」のブームってなんだろう?とかふと考えてみる。

和って元々日本にあるものだから、後者ではない。
だとしたら前者になるわけだ。
でも、それってなんか変。
だって、本来あるものが「ない」のだから。
ないから作る、そして売れる。
これって普通ですよね。

いつの間に現代社会は「和」を失ってしまったのだろうとかちょっとセンチになってみたり。

でも、失って初めて気づいたのかもしれない。
「和」が必要だと。
「和」への回帰が必要になったのではないかと。

でも、現代生活をいきなり「和一色」にするなんてことはもはや不可能である。
会社へ着物で出勤したりなんていきなりできるわけがない。
「和戒厳令」なんてやっちゃったら、美味くて通ってたイタリアンレストランがなくなっちゃう、それはやだ(ぉぃ

だから、現代生活に「和」のエッセンスを取り入れること。
「モダン」な生活に「和」を融合させる。

なんてwayomixに絡めてみたり(爆

*********************************

さて、最近「食玩」なるものが流行っている。
お菓子のおまけ。
しかもターゲットはお子様ではなく大人。
奏もちまちましたモノが好きでいろいろコレクションしているわけですが、それにも「和ブーム」到来したみたいです。

写真がそう。
お茶会だそうな。
結構細かくてリアリティ溢れてます。
小さな世界にぎっしり詰められた「和」のエッセンス。
「和」はこんなオモチャにも進出して勢いとまりません。

ちなみにこれは「和*sweets」というシリーズなのですが、別で「和雑貨」というのもあったり。
ちなみに新しいシリーズに韓国モノが出るらしい。。
そういえば今は「韓流ブーム」だったんだった。
ちなみにこのシリーズ、蓋を開けたり、袋の中身も精工だったりと出来がかなり良いので一度見てみてくださいw

ちなみに奏は・・いつも箱買いですorz
いい加減いい年なんだから卒業しなさい!って言われるかもしれませんが
売り場の客層はほとんど奏より年上の方ばっかりだったりします(^^;

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM